スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋が来る

まだまだ先のことだと思ってた国高祭も、
ついに本当に終わってしまいました。

あれが日常だった、
例えばキャスト演出だったら毎日の練習とか、
内外装、衣装や広報だったらずっと積み上げてきた作業とか、
文化祭が終わった時点でもちろん感じてはいたけど、
とくにまた学校の始まる明後日以降からは、
この夏がいかに特別で貴重なものだったか、
嫌になるほど実感することになるんだろうなぁ。

アカデミー賞も、
優秀賞も取れなかったけど、
日本理化学工業に行ったとき大山さんや障害者の方々から得たものとか、
この夏同じ一つの大きなものを創っていく中で人との関わりやたくさんの経験から得たものとか、
文化祭当日たぶんみんなが感じた震えるほどの達成感とかは、
賞とは比べものにならない価値があると思うし、
観てくれた人たちに渡せたものが無くなるわけじゃありません。
まあ残念じゃなかったと言えば嘘になるし、
昨日のアカデミー賞の発表で3600の文字がでたときは、
胸の中で膨らんでた何かが空っぽになった気がしたけど、
今はなんだか満たされてます。

そして外装賞、見事でした!
あんな綺麗で美しい外装はほんと初めて見ました。
最終公演が終わって、
疲れ果ててベンチに座って外装を見ていたとき、
本当に癒されました。
ほとんど外装は手伝えなかったけど、
外装賞取れて嬉しかった。


ところで3700のみなさん、
こんな俺にキャストをやらせてもらって本当にありがとうございました。
俺は不真面目で遅刻ばっかっていうのはみんなが知ってたことだろうから、
朝練なんか俺が来るわけないだろうって思われてただろうし、
だからキャストはもし俺がやりたいと思ってもたぶんできないんだろうなって勝手に思い込んでました。
原田亮輔っていうのは、
まぁなかなか最初はピンと来ない役で、
イメージ投票で俺が選ばれたときはまじかって思ったけど、
原田を演じることができて本当に良かったと思います。
キャストをやったことで、
劇が決まった頃には想像もつかなかったくらいたくさんのことを得られたし、学べました。
この夏だけに限らない、
これから先いつ振り返っても糧になるような経験をさせてもらいました。
たった6人しかいないキャストに僕を選んでくれたみんなに心から感謝します、
ありがとうございました。


季節が変わって勉強しかすることのなくなる前に今思っていることを書き留めておきたくなって書いてみたら恐ろしく長くなってしまいましたすいませんm(__)m

あ、そういえば意外と好評だった劇中音楽のサントラを作ってとの声があったので作るかもしれません、ご期待は請いませんがお知らせまでに。


ではまた明後日。:-)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

3700

Author:3700
 昭和34年、どこにでもある町工場で起こった、心あたたまる実話。
 昨日は見えなかった幸せ
 あの子がここに来た日から
 この職場は変わり始めた…
 はたらく幸せを求めて
 人は明日も職場に向かう

HPURL
 http://3700happyworkplace
.web.fc2.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。